data-ad-slot="9301973140"> data-ad-slot="9301973140">
アルザス記1

朝、何たる事だ、肩から、背中じゅうに激痛が走る。
今迄にない事だ。
カミさんには黙って、兎も角、家を出る。
何とか成田まで辿り着く。
不思議な事に、成田に着くか着かないうちに、
何時の間にか肩の痛みは何処かに消え去ってる。

余り評判の良くない飛行機、なにしろパリ往復7万円、
これを聞いた娘が昨夜電話して来た。
「あの航空会社は止した方が良い、余りに評判が悪いワヨ」
との事だ。

12:00出発。
ランプが消えるとスチュアーデスたちがめまぐるしく動き出す。
仲々の美人揃いだ。
ボリショイから抜け出したような女性、男性だ。
懸命に笑顔をつくってのサーヴィス。
巷の評判の悪さは微塵も感じない。

巨大な尻を持つ黒人女性三人がが斜め前の席、
白地に金、緑、薄紫、濃紫の糸を織り混んだ衣裳はセルガルの民族衣装らしい。
靴もグリーンの線が入っている。
とってもお洒落だ。

アルコールのお代わり、
「ビールかワインか、とにかくアルコールが欲しい。」
「ノー、テイー オア カッフェー」
何回か交渉しても、頑として聞き入れない。
折角のサビースもこんな事で評判を悪くしいるのでは、 惜しい話だ。

一時間遅れでモスクワ着、
何となく慌ただしくパリ行きに乗り換えて忘れ物に気が付く。
成田で仕入れた大瓶の日本酒二本、日本酒の晩酌三昧は早くもモスクワの露と消える。
8:40 眼が覚めると、眼下で大河がとぐろを巻いている。

とぐろ巻く大河の上や昼寝覚

驚いた事に通路で大男が踊りながら歌いだした。
いい声だ。
腹の底から出ているテノール。
リズムも心地よい。

その昔、
新宿の歌声喫茶で歌ったあのリズム。
スチュアーデスが笑顔で注意するがなんのその、
金髪の二人ずれに向かって雄鷲が囀るように歌いかける。
始めニコニコ愛想笑いしていた女達が獣のように化粧をし出した。

殆ど平原と畑の下界は日本のそれと大分異なる。
これだけの耕地なのだから、集中した富のスケールが違う。

例の大男と目が合った。
握手を求めてきた手のサイズは私の2.5倍はある。
その巨大な手を胸に当てて両手を開き、じっと私を見る。
どんな意味があるのだろう。
「スパシーバ」
を連発すると大男は至極ご機嫌だ。



パリに近づく、畑の中に教会、民家、お墓も見える。

ドゴール空港、飛行機の翼が建物にスレスレ、今にも触れそうだ。
空港の近くに宿を取る。
時間はタップリ有る。
60日のフリーチケットだが、とりあえず、一ヶ月後の帰りの便を予約をして来た。
物足りなかったら、調子と様子を見て、延長すればよい。
パリも一寸見たいし。

今回の旅の骨はフランスの田舎廻りだ。
そんな中で、
アルザスでは、ウンターリンデンとワイン街道、
プロバンスではアヴィニヨンの橋、
ペリグーでは当然ラスコー洞窟、
と、そんなつもりが、第一の失敗、ユーロパスを買ってしまった。
フランス、ドイツ、スイス、イタリア、スペインの中から3から5カ国が選択でき、
更にオプションで1から4カ国追加できる。
もったいないが、とってもそんなに廻れない。
せめてと、フィレンチェ、ローマを加える。
どちらかといえば、フィレンチェに重きを置いて、
フィレンチェに5日、ローマに3日割くことにする。

3:00に目が覚める。
もう一度寝て5:00に起き出す。

昨夜のホテルのバーでのビールが若干残っている脳味噌でも、
まだ、モスクワに置いて来た日本酒の事がこびりついている。
酒の恨みは恐ろしいのだ。
ともかくご飯を炊いておむすびを作ってチェックアウト。

空港からパリ東駅行きのバスを探すが仲々見つからない。
近くに居た小父さんも一緒になって探してくれたが判らない。
時間表も無ければ、バス停も見付からない。
日本に良くある、いや、昔よくあった、あのコンクリートの塊の上に看板の付いていたあんなバス停、
その昔、
何人かの悪友連と一つ先の停留所までヤッサヤッサ担いでいって取り替えて来た事があった、
あんなバス停ならわかり易いのに。
「今、家内が私を迎えに来る、通り道だから乗せていってあげる」
と小父さんが言ってくれる。
予約してあるストラスブルグ行きに乗り遅れるとややこしい事になる。
今回の旅の約束事の一つ、
「タクシーには乗らない」
を、のっけから破る事になるが仕方ない。
あと10分待って駄目なら、タクシー、
と思った矢先にやって来た。
くればあっけない。

約50分で、
昔の上野駅と、5年先の上野駅を足したような雰囲気の東駅。
ありとあらゆる人種、階級、職種、老若男女、我々のようなリュック族、
最先端のスーツに身を包んでどちらがどちらの手か判らないほどにくっ付いている男女、
驚いたことに小銃を手にした警官と兵隊、3、4人ずつ何組か巡回している。
あちこちで、職務尋問しているのだろう、パスポートを要求している。
時折、後ろ手にされた若者を、両脇から支えて通る警官もいる。
最近、テロ事件があったらしい。






列車はパリ東駅からほぼ真西にあるストラスブルグを目指す。
同室は鼻のツンとした如何にも頑固そうな、そう、鉄の女サッチャーのイメージの老婦人だ。
貪るように新聞を読み続けている。
ナンシーあたりから外の景色も少しずつ変わってくる。
線路と平行に有る運河にはヨットが浮かんでいる。
かと思うと、白い牛がゆったりと草を飯でいたり、
緑色の水を一杯に貯えた河で釣糸を垂らす人がいたりしている。
広い平原の殆どが森と牧場、畑は殆ど見えない。

別室の婦人がサッチャーさんに何か尋ねてきた。
「この汽車の食堂車はどうなってるの?」
「今、ストライキ中で隔日に営業するのよ、今日は無い日よ」
という事らしい。
そう言えば、
この路線には気の効いた車内販売が廻ってくると聞いていたがそんな気も無い。
サッチャーさん、これ以外の会話はなく4時間弱、新聞を読みっぱなしだ。
隅から隅まで、もしかしたら偉い政治家かも判らない。
やがて、列車は山間に入ってくる。
幾つかトンネルを抜けると、また、平原に出る、
アルザスだ。

ストラスブルグも直ぐ其処。
ストラスブルグを通り抜けて更に東に進むと直ぐライン川、ドイツだ。
その先は「黒い森」にぶち当たる。
さっき通り抜けたヴォージュ山脈が南北に走り、
これに平行してライン川が流れている、
この辺り南北約200kmがアルザスだ。

今はラインが国境だが、ある時はヴォージュが国境の時もあり、
これが有史以後でも何回か入れ替えが有って、
その時代時代にアルザスの悲劇を生んでいる。
ドーデの「最後の授業」の舞台になったのがこれから行くコルマールだが、
アルザスが明日からドイツ領になる日、先生が言う
「フランス語の授業は今日が最後です」

この場面が格好の愛国心高揚に、 と教科書にも載るわけだ。
ところが、当時のアルザス人の母国語はアルザス語であってフランス語ではない。
アルザス人にとっては欺瞞この上ない作品であったと聞く。
今でもこの、どちらかと言えばドイツ系の方言が日常的に話されており、
アルザスも一寸田舎に行くとアルザス語しか話せない老人が居るそうだ。

ストラスブルグで乗り換えてから南に70kmも下がったコルマールまで、
ヴォージュ山脈の広い裾野に点々と村落が散らばっている。
そのどれもが教会を中心に、
教会を守るように同じような屋根の形、
色の民家が寄り添って村落の塊を作っている。
村落と村落の間は果てしなく葡萄畑が続く。
山の頂には幾つかの古城が見え隠れする。
あのどれかが「大いなる幻影」の舞台の筈だ。




列車がコルマール駅に到着するや否や、
迎えの声、Nさんは今日アムスへ出張と聞いていたので、
夕方まで時間を潰そうと思っていたのに、
いまや立派な幹部の後輩二人が雁首を揃えている。
数年前からヨーロッパの拠点の一つとして、此所に工場が建設され、
日本から相当数の人間が派遣されている。
最近、営業部隊も集約されたようだ。

ともかく、車で5分程の会社に入る。
懐かしい顔が集まってきた。
皆で私の旅の日程をチェックしてくれた。
私を年寄り扱いして、まあ、好きなようにやってくれ。
と、悔しい事に誰かがミスを発見する。
コルマールからミラノへの切符の予約は6月4日0:25であり、
ミラノに着く翌朝の6月5日8:00に、
ミラノからフィレンツエへの切符も予約して有る。
翌朝と言うのが曲者で、夜行列車とは言え、0:25は当日であり、
このままだと、6月4日の朝にはミラノに着いてしまっており、
危うく一日途方に呉れる所だった。

直ぐにミラノの出先とコンタクトして宿の手配をして呉れる。
現役は手際がいい。
みんな一世代も二世代も後輩だが、彼等が会社を仕切っている。

夕方、食事の前にチラッとO君がコルマールの中心街を案内してくれる。
噂のコルマール、興奮で足元が覚束ない。



観光客も多いのだが、皆、古い中世のままの街並みをゆったりと歩いており
人の数の割に街の喧騒はない。
ウンターリンデンの場所を確かめセント.マーチン教会を覗く。
ステンドグラスが美しい。

その足で、コルマールの絵葉書に必ず出てくるプチベニスの、
その絵葉書のレストランへ、もう、皆集まっている。
何世紀か前に建てられたのだろう、





柱や棟木の古木が年輪をくっきり出し、黒光りしている、
そんなレストランでのフォアグラのつまみで噂のオード.ヴィー、
お酒に詳しい人は涎が出るのではないだろうか。

オード.ヴィー、
「命の水」と言う意味だそうだが、洋梨、木いちご、さくらんぼ、
プラムなどから造られる透明な蒸留酒で、高アルコール度、
口に含むと、口中に芳香が広がる。
その芳しさは一筋縄ではない。
何段締めとかいう言葉があるが、
何と言ったら良いのだろう、舌の先端、奥、
そして左右、要するに味を感じるさせるあらゆる部分に、
多種多様な味を感じさせてくれる、
'要するに果物の焼酎'というだけではすまされないお酒なのだ。
ただ、一寸高価なのが難点だ。

引き続きNさん宅に席を移し、今度は日本酒で四方山話が尽きない。
単身赴任中のNさん宅に勝手に上がり込んでの宴会になってしまった。
単身赴任にしては、小奇麗にしている。
Nさん、あんまりお酒を飲まないのだが、
日本からのお土産なんだろう、お酒はタンマリある。

遅くなって、Nさんが戻り、深夜まで再会を祝す。
お酒のあんまり強くないNさんが一生懸命付き合ってくれた。
眠ってしまうには惜しいコルマールの第一夜だ。