data-ad-slot="9301973140"> data-ad-slot="9301973140">


メコンに沿って(1)
タイ・チェンライ、チェンセン

出発

 昨夜の大雨で彼方此方に被害が出た模様、念の為に一台早い新幹線に乗る。 
 新幹線は10分程の遅れたが大勢には影響無い。 
斜め前の席に後輩のTを見掛ける。 
相変わらず真っ白なワイシャツ、仕立て下ろしの背広、洒落たネクタイ、しかし、
彼の視線は宙を向いたまま動かない、近々定年の筈だ。 
こちとらは、これから2ヶ月の旅、何となく憚って声を掛けないでおくことにした。


エアーイ○○アは快適

 隣はインド人、ウイスキーをストレートで立て続けに4,5杯飲んで頻りに話しかけてくる。
「日本はスバラシイ!」
「ダイジョービ!」
彼の知ってる日本語はこれが全て、イヤーホーンを耳に当てると大声で歌い出す。
 
エアーイ○○ア、評判ほどでも無い。 娘が、
「離着陸する時、アチコチの扉がパターンって開くって! お酒もでないって!」
なんて警告して呉れたが、パターンの音も無い。 
覚悟して空港で「大関」を忍ばせて来たのに、
酒は飲みたい放題、日本酒の熱燗も付けてくれる。 
近くで動きまくっているスチュアレスは元お嬢さん、お二人が頑張っている。  
近年、日本でも、
「最近のOLは仲々止めなくてなー」
なぞとの声が聞こえるが、こと私に関しては左様な事は微塵にも思ったことは無い。
時々、
居酒屋なんぞで、彼女達の愚痴、これも家庭生活の事が多いのだが、
そんなのを聞いて上げるのも、
自分の生き様を身近に聞いているようで、又と無い人生の糧になっていたのだ。 
しかし、エアーインデアのお嬢さん達はサーヴィス過剰と言うか、
体臭が匂うほどの近さまで顔を寄せてくるのには閉口だ。
 
 隣の男に、熱燗の半分を勧めたら、以外や、一気に飲んでしまった。 
以前に何度か、同じような経験が有るが、皆、一様に顔をしかめたり、
鼻をつまんだりしていたのに、このインド人は、
熱燗に慣れているのか、或いは、アル中かだ。
「インドに来た時はガイドをして上げる」
とくれた名刺には、旅行会社の名が有った。
「お前の名刺を呉れ」
と言われて、手持ちの名刺、パソコン通信のフォーラム用のを差し上げると、
まず、顔写真、そして、ハンドルネームについて、しつこく、尋問される。 
顔写真はともかく、ハンドルネームの説明には汗を掻く。

 何時もは一人旅だが今回は相棒が居る。 
 その相棒とはもう古い付き合いなのに、一緒に長旅をするのは始めてだ。 
相棒も旅好き、専ら僻地を好む。  
私と同じように勝手気侭人間で常に一人旅、お互いに少ない取柄の一つが偏屈、そんな彼の、 
「エアーインデアは死んでも嫌だ」
と言う強固な意志に従って、彼とはバンコクのホテルで落ち合う事になっている。 


バンコク空港の日本食堂

一応、空港近くのホテルの予約はして来た。
「空港に着いたら電話して下さい、お迎えに上がります」
と言われているが、小銭が無いし、電話の掛けかたが判らない。
幾つかのインフォーメーションを渡り歩いても埒が明かない、何処でもタクシーで行けと言う。
まだ、5時半になったばかり、時間は充分ある、
タイ語は全く判らないし、英語もカタコトの私は、
初めてのところは、必ず明るい内に着く事にしている。
暫くウロウロしていると、日本食レストランの看板が目に付いた。
表は立派な料亭風だが、中に入るとガランとした居酒屋と食堂の中間みたいな雰囲気、
客は私一人、ウェイトレスが 三三五五屯している。
皆、和服を着ているが、日本人は居ないようだ。
ラーメン100バーツ、ビール105バーツ、高いのか安いのか見当が付かない、。

一人の人懐っこしそうなウエイトレスが話し掛けて来た。
「ニホンカラキマシタカ?」
たどたどしいいが、日本語だ。 渡りに船で、
「予約してあるホテルに行きたい、空港に着いたら電話するように言われているが、
小銭が無くて困っている、両替出来ますか?」
と話しているつもりが仲々通じない。
カタコトの英語を交えたら、やっと、判ってくれた。
「私が電話して上げます」
メモを渡すと、小走りに立ち去った。
暫くして戻った彼女、
「私がご案内します」
と私を促す。
案内してくれたのは、さっき、何回か尋ねたインフォーメーション、
彼女が係員に一言二言話すと、近くに居た男が、
「お迎えに上がっています」
だと、その男がホテルの迎え人だった。
「其処で5分程お待ち下さい」
と傍らのベンチを指差す。
兎も角、ホテルには行けるようだ。
彼女に礼を言い、20バーツを渡そうとしたが受取らない、強引にポケットに捻じ込んだ。

男の言う5分が30分程待たされる間に集まって来た四、五人の白人とホテルへ。
ホテルへの案内図には空港から1.5K、と有ったので、
いざと言う時には歩いてゆこうと思っていたが、結構長い1.5Kだ。
地図も全くいい加減、暗くなってからでも歩き出したらえらい目に会うところだった。
明るいうちに辿り着いたホテルの部屋は広々と殺風景すぎる。
カウンターで$のTCを$の現金に換えて貰えない。
これから行くラオスでは$の現金が必需品と聞いているのだが、まあ、何とか成るだろう。
カウンターの隣のテーブルで煙草を吹かしている男が、
「街に行くならご案内しますよ、タイ按摩は素晴らしいよ」
と誘いを掛けて来る、良く見ると、旅行社の出先だ。




相棒のこと

相棒は11時頃着のエ○○ト航空で来る事になっている。
イ○ドもエ○○トもそう変わらないと思うのだが、彼にとっては、絶対に違う、らしい。

そもそも彼との馴初めは、私が青春を費やした会社での新入社員の実習時に溯る。
120人程の新入社員は6ヶ月程、工場を廻ったり、関係会社を廻ったり、
保養所の様なところに缶詰になったりして教育を受けるのが慣い。
或る集合教育の時だ、
何時の間にか気が有った彼と私は、最後列で軍艦ゴッコに耽っていた。
「A−3に三発」
「波高し」
「Bー2、一発」
「命中」
とか、思わず大当たりした忍び笑いが講師の耳に届いたらしい。
「そこの二人、一寸、立って!」
のそのそ立ち上がった我々に飛んだ講師殿の叱咤を遮って彼は言った、
「貴方のお話、ちっとも面白くないんです」
教場に励ましのざわめきが生じる。
そんな事がきっかけで、未だに付き合う嵌めになっている。
もっとも、その後4、5年して、
「此処は50分の時間を掛けて通って来る価値の無い会社です」
と、上司に捨て台詞を残して、彼は別の会社に移って行った。

12時を廻っても彼は現れない。
彼の着便のフライトNOだけでも受付けカウンターに知らせておこうと廊下に出る.
と、向こうから、ノッシノッシと熊が現れた。
仲々のいい男なのだが、何を血迷ったか、
最近、髭を蓄え出したものだから、容貌が一変した。
兎も角、ビールで乾杯。

あっと言う間に、彼は鼾を掻き出した。


$のTCは問題

日本との時差3時間、私にとって、朝の6時と9時の差は極めて大きい。  
私が、やっと、ベッドから抜け出すと、相棒は朝風呂を浴びている。 
私が寝ている間に、彼は散歩に出て、
表の屋台でビールを飲んで返って来たそうである。
私は極端な夜型、彼は極端な朝型だ。

空港で、$のTCを$の現金にしようとしたら、
「ノー」
何軒か銀行の出店を渡り歩いて、
「OK」
を見つけたが、馬鹿にレートが悪い。
いったん、バーツに換えてから$に換えるのだからたまったものではない。
50mと離れていない両替所で、
$が150円と126円、全く、狐につままれた感じだ。
今回は円のTCと現金、$のTCと現金を持参して来たが、
計算に弱い私には、どうもピンとこない。
いずれにしても、$は現金に限るようだ。


チェンライの風物詩は黒髪を靡かせる女性バイカー

今回の旅は、
タイの北部、チェンライ、チェンサイ、チェンコーンからラオスに渡り、
ラオスをメコン伝いに縦断して、またタイの東北部に戻り、
タイを東から西へ縦断してバンコクへ、
ここで相棒は帰国、私は中国へ、大体こんな計画だ。
私が中国の帰りに立ち寄るのがチェンマイ。  
チェンライ、チェンサイ、チェンコーン、ややこしくて仲々憶えられない。

チェンライ行き機中、意外なのは客の7、80%が白人、みんな旅行客のようだ。



上がバンコク、下がチェンサイ、聊か様相が異なる。

空港からバスで市街へ、バスを降りてあたりに屯しているトゥクトゥクの運チャンに、
相棒のお目当ての奥さんが日本人と言うホテルを尋ねるが誰も判らない。 
一人の運チャンが、あちこちの店を聞きまわって来た、判ったようだ。

今回の旅は、相棒が綿密な計画を立てて来ている。
豪放磊落な彼だが緻密な面も有る、
一ヶ月のスケジュール、利用交通手段、泊まる宿の目星、
費用等が綿密に書き込まれた計画表を持っている。
と言っても、在職中に扱った計画表からは程遠いいA−4一枚だ。
それにしても、私は常に付いて行くだけだから、こんな楽な旅は無い、
と思った。

バンコクから飛行機で1時間20分、
チェンライはタイ北部の中都市、
少数民族の村々や、
タイ、ミャンマー、ラオスとの国境三角点、
ゴールデントライアングルへの観光基地だ
旅行社が立ち並んでいる。

 

まず目に付くのは、走っている車のきれいさ、どれもがピカピカに光っている、
更に目に付くのは格好の良い若い女性が颯爽と黒髪を靡かせるバイクの多さだ。

日本車の軽四駆車が一日レンタル800バーツ、日本円で3000円位か。
ここからなら、首長族の村落も真近の筈、食指が動くが、相棒は首を振らない。
「このへんの少数民族、汗臭いし、彼女たち、垢まみれだぜ」
彼女、と言ったのがまあまあの救いだが、彼は少数民族にそれほど興味は無いようだ。

彼との関わり合いでのもう一つのエピソードを思い出した。
若い頃に、二人で丹沢の水無川の沢登りを楽しんだ事が有る。
沢登りというのは、せせらぎを渡ったり、
大石小石を飛び越えたりして、川の源流を溯って行くのだが、
当然ながら、幾つかの滝に出っくわす。 
水飛沫を浴びながらこの滝を上り詰めるのも、沢登の醍醐味の一つ、
当然ながら、スルリ満点ではあるが多少の危険も伴う。
だから、そんな場所には必ず巻道があしらえられている。
私が滝を登り出すと、彼は、
「お前、何でそんなところを登るんだ、ちゃんと道が有るじゃないか」
と巻道を登って行った。

どうも、レンターカーも彼のお好みではないようだ。
案の定、
「もし、事故に遭ったら、何人の人に迷惑が掛かる?」
要するに、彼はまっとう人間なのだ。

リンタクが寄って来る、
「キレイナコイルヨ?」「カワイイオンナノコヨ?」
の声が掛かるが、それほどしつこくはない。
郵便局で絵葉書を出してホテルに戻る。
ビールを飲みながら次の予定地を確認しようとしたら、
小脇に抱えていた筈のガイドブックが無い。  
いったんは諦めたが、
フランスでガイドブックをなくした時の旅の心細さを想い出して探しに戻る。 
郵便局の戸口に立つと、忙しそうに動いていた男が私を見ると手招きして、
忘れ物を手渡してくれた。


安くて美味いナイトバザール

ナイトバザールは、中国のようにゴミが散らばっていない、
物静かとも言えないが程よい喧騒、
生演奏を聞きながら近くのタイ美人をチラチラながめながらの
生ビールも仲々捨てたものではない。

 

 「食が旅の目的」
とまで言う相棒が屋台からいろいろ毛色の変わった焼物、煮物を仕入れて来る。
初めて食べる物も有るのだが、その名前を憶えていないのが口惜しい。 
値段も驚くほど安い。 
10円、20円の単位だ。
骨董品、民芸品、食べ物の露店が並んでいるが、
皆のんびり煙草を吹かしたり、足を延ばしたりしている、
客の呼び込みの様なものは殆ど無い。

  



ホテルの戻ってママさん手作りのラーメンを啜る。
日本を離れてまだ幾日も立ってないのに日本の味にはヘナ腰になる。 
ホテルの前がインターネットサーヴィス、
一寸、悪戯しようとしたが、10人位の席が満席で余地はない。

リンタクで近くのお寺を一つだけ観る。










メコンに感激

バスで1時間30分程でチェンセン、
メイン通りの一角がバスの終点、メイン通りと言っても、
西部劇に出て来るような広い通りが東西に延び、道の両側は緑の方が多い。



申し訳程度の家並が飛び飛びだ。
傍の小間物屋の親父は椅子一杯に体を広げて居眠りの最中、
誰が来ても関係無いと言う有様だ、



或いは、いち早く、我々の風体を見て取っての仕種かも判らない、
薄目は開いてるようでも有る。
流石に相棒のリストには此処の宿の目当ては無い、
ガイドブックをつくづく眺めると、3軒だけ宿の表示がある。
その一つを目当てに歩き出した。
地図で見ると、西端に有る600年余り以前に栄えたチェンセン王国の遺跡公園から、
真っ直ぐ東に行くとメコン河に直角にぶつかる筈、そのメコンの川岸に出た。



「おー、メコン! メコン!」
凄まじい日差しとアルコールの切れた体も忘れて、暫し、感激に浸る。
思ったより急流だ、1キロもある川幅一杯に、
如何にも神の恵みの如く、トクトクと流れるメコン、向こう岸はラオスだ。
川沿いに歩いて、ものの何分かで辿り着いたのは、
ホテル? 宿屋? 民宿?
我々の宿は下の写真の左側、こんもりとした樹木の中だ。









目前をメコンが流れ、環境としては悪くない。

無愛想なオカミさんが、部屋を案内、二人連れの白人娘と行き交う。
二人が隣り合ったシングルルームに別れる。
スイッチを入れると天井の巨大な扇風機が少しかしみながら廻り出す。
水道を捻ると元に戻らない。
それでも、修理屋がバイクで乗り付け、30分程で修理完了。

 一休みして、近くの食堂で食べたのが魚料理、プラブックと呼ばれる巨大鯰だそうだ。
鍋の中央に大きな煙突のような中空があり、
その周囲にプラブックのぶつ切りと色々な野菜、
香料がぶち込まれブツブツと煮上がっている。 
相棒は、
「これが食いたかった!」



とご満悦、確かに美味しい、珍味だ。 
ゲテモノ好みの相棒がどうしても、食べたいのが、猿の脳味噌とアルマジェロ、
街中、と言っても何軒も無い食堂を捜し歩いたが見つける事が出来なかった。 
よく聞いてみると、両方とも、タイでは食料として発売禁止になっているとの事だ。 
  ヨチヨチ歩きの少女が近づいてきて、両手を拝む様に合わせて、お辞儀をする。 
タイ流の挨拶だ。 



挨拶が終わると、ヨチヨチと母親のほうに戻る。 
暫くすると、またやって来て、同じ事を繰り返す。 
口も聞けない幼児に礼儀作法を教えているようだ。、
タイ人の礼儀正しさはこんな事に由来してるのだろう。


メコン河畔に並ぶカンテラの灯る屋台

昼寝して目覚めると夕闇が迫っている。
表に出ると、何時の間にか、メコンの川岸に沿って屋台が並んでいる。



歩道に茣蓙が敷かれ、それぞれにちゃぶ台、その上にカンテラ、ローソクが灯される。
 これが綿々と連なる川辺は仲々の風情だ。
その内側にズラリと並んだ屋台では思い思いに芳しい匂いを出している。
その内の一つに腰を下ろす、
屋台では青年をやや過ぎた感じの夫婦が魚、鳥などの焼物で忙しい、
客の相手は、その娘さんらしい、未だ14、5歳か。
ビールを飲んで焼魚を突っつき、メコンの川風を浴びる。
こんな時が旅の醍醐味だ。
娘さんの友達がやってきて仲間に加わる、ワーワーキャーキャー賑やか、



底抜けに明るいタイの娘達だ。
一緒に写真を撮る。
「写真を送って上げるよ、住所は?」
「住所?」
一瞬たじろいだ娘さんは屋台の方を向く、
屋台の父母は黙って魚を焼いてるまんまだ。
場を察した、友達の一人が住所を書いて呉れた。
あちこちと屋台と一緒に渡り歩いているのだろう。



つづく